Raspberry Pi Model B+とマイクロSDカードを買いました

今まで使っていたRaspberry Pi Model Bが実稼動してしまったので、
新しくRaspberry Pi Model B+を買いました。

ついでにマイクロSDカードも購入しました。


ちなみに実稼動しているRaspberry Pi Model B


金魚の金太郎 | 金魚が友達
上記のサイトはRaspberry Pi Model Bで動いていてWebカメラでライブ映像を流しています。

何はともあれ、RSサイトでRaspberry Pi Model B+を購入しました。

商品本体の合計 ¥3,940
配送料 ¥460
消費税 ¥352
合計 ¥4,752

ちなみにAmazonだと5400円くらいです。

Raspberry Pi Model B+ (Plus)
Raspberry Pi Model B+ (Plus)

普通にRSサイトで買うことをお勧めします。

RSサイトにはRaspberry Pi Model B+のケースも販売しています。



価格980円
残念ながら現在入荷待ちです。
運がよければ買えるかもしれません。


ちなみに僕はケース無し派です。
別にケースなくても普通に扱っていれば感電しないし、回路はショートしないので問題なしです。むしろ熱がこもるからケースがないほうが良いんじゃないかと思います。

ただ、ゴム足とヒートシンクをそのうち買ってこようと思います。

ケースがない(または種類が少ない)からRaspberry Pi Model Bを買うべきとか言うサイトがありましたが、だまされずにRaspberry Pi Model B+を買いましょう。


ということでRSサイトで夜中に注文して、2日後



届きました。
RSの箱を開けるとRaspberry Pi Model B+の箱が出てきます。



前回注文したときの箱よりもラズベリーのアイコンがでかくなってました。
Raspberry Pi Model B+の箱を開ける。



Raspberry Pi Model B+本体の登場。
Model Bよりもスマートになった感じがします。

価格を抑えて利便性を上げたのがModel B+です。

Raspberry Pi Model B+をひっくり返す。



マイクロSDカードのスロットが付いています。
ここでAmazonで注文して届いたマイクロSDカードを取り出します。



Transcend microSDHCカード 16GB Class10 TS16GUSDHC10E
【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 16GB Class10 (無期限保証) TS16GUSDHC10E (FFP)


右にあるのはアダプターで今回は必要ありません。
マイクロSDカードを通常のサイズのSDカードに変換するやつです。
今回は変換する必要ないので左側のマイクロSDカードだけ取り出してRaspberry Pi Model B+の差し込みます。

ちなみに僕は16GBのマイクロSDカードを購入しました。

マイクロSDカードの価格
4GB 755円
8GB 651円
16GB 1080円
32GB 1780円

4GBだと容量が足りなくなる可能性があります。そして何よりも8GBよりも高いという。

普通の人の場合8GBで十分なのですが念のため16GBのを買いました。さすがに32GBは必要ないと思います。ただ、大量の音楽を再生させたいとか、Webカメラでを長時間の映像を録画したいとかの場合は、32GBあったほうがいいかもしれません。


マイクロSDカードをRaspberry Pi Model B+に差し込んでみた。



SDカードを使っているModel Bよりもだいぶすっきりしています。
次回はいろいろ設定して使える状態にしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。