通話料半額アプリの使いどころ、楽天でんわとFUSION IP-Phone SMARTと050Plus

携帯電話や固定電話へ電話をよくする人、ビジネスで通話品質が非常に大事だと思っている人、そんな人たちはドコモやAUやソフトバンクのかけ放題のプランに加入してください。それが一番安いし確実です。

ここでは、ほとんど電話をかけない人、電話番号を持っていない人、ビジネスでとりあえず問い合わせ用の電話番号が必要な人に、楽天でんわ、FUSION IP-Phone SMART、そして050Plusの使い道を説明します。(少ない手間で料金を最小化するのが主な目的です)


いろいろ調べました。
特に遅延については念入りにネットで調べました。

楽天でんわは少し通話料が高いとか、FUSION IP-Phone SMARTは遅延が大きいとか。

最後に実際に楽天でんわとFUSION IP-Phoneをスマートフォンで試してみました。
その結果から、目的別に楽天でんわとFUSION IP-Phone、ついでに050Plusの最適な使い方を説明します。

普段ほとんど電話をしない人 → 楽天でんわ

普段ほとんど電話をしない人は、楽天でんわで決まりです。



30秒10円(税別)です。
通常の通話料金の半額になります。

楽天でんわは通話品質は良くて遅延もほとんど気になりません。
私の場合は、まったく気にしないレベルでした。

楽天でんわからだと自分の携帯電話番号で通話をすることができます。つまり相手へかけるとき相手側に自分の携帯番号(090, 080, 070)が表示されます。

楽天でんわより安く30秒8円(税別)の別のサービスもありますが、相手に着信時に番号が表示されなかったり、050番号だったり、少し遅延があったりと、何かしら欠点があります。

所詮30秒2円の違いです。毎月20分も自分から電話をしない人にとっては、どうでもいいくらいの小さいお金です。ここまでくると考えるだけ時間の無駄なので楽天でんわが最適解です。


携帯電話や固定電話へたくさん電話をする場合 → 大手キャリアのかけ放題
スマートフォンへ電話をする場合 → LINEで無料通話
待ち合わせや緊急の要件でLINEに入っていない人へ電話する場合 → 楽天でんわ

これが正解です。


現在、楽天でんわは最初の3分0円(その後30秒20円)というキャンペーンを行っています。2015年1月10日までのキャンペーンで、その後毎月申し込むことでキャンペーン価格を継続することができます。申し込みを忘れた場合は、その後キャンペーン価格は適用されずに、30秒10円の通常価格になります。3分0円というのは客寄せ価格で、キャンペーン切れの30秒10円を使わせるためのもんだと思われます。まぁ、それでも普段電話を使わない人にとっては、楽天でんわが無難な選択肢だと思います。

ちなみに楽天でんわは昔は悪趣味なアイコンだったらしいですが、
今ではおとなしめのアイコンに変更されています。

追記:
楽天電話の最初の3分0円のキャンペーンは1月10日で終了になりました。当初は毎月申し込むことでキャンペーン価格が継続されるといっていましたが、1月10日で問答無用でキャンペーン終了になってしまいました。さすが楽天のサービスだと思いました・・・。


電話番号がない人 → 050番号

050番号の使い道は基本的に2つあります。
その使い道の1つが、データ用の格安SIMを使っていて電話番号を持っていない人用の電話番号です。

050番号が使えるアプリを自分のタブレットやスマートフォンに入れることで、携帯電話や固定電話へ発信したり、相手から電話を受けることができるようになります。

自分の携帯電話番号を持っていれば楽天でんわを使うのが一番手っ取り早いですが、自分の携帯電話番号がない場合に、050番号を使って電話をしたり受けたりすることになります。

050番号で有名なのがFUSION IP-Phone SMARTと050Plusです。月額料金の有無と固定電話への通話料でどちらを選ぶかが決まります。

固定電話へよく電話をする場合(月24分以上) → 050Plus

050Plusは050の番号を無料でもらえますが、月額324円(税込)かかります。ただし固定電話への通話料は3分8円(税別)と他よりも安いです。FUSION IP-Phone SMARTは月額料金が無料ですが、固定電話への通話料は30秒8円(税別)になります。固定電話へ毎月24分以上電話する場合は、050Plusのほうが安くなります。



あまり電話をしない場合 → FUSION IP-Phone SMART

FUSION IP-Phone SMARTは月額料金が無料です。クレジットカードがあれば無料で050の番号がもらえます。携帯電話や固定電話への通話料金は30秒8円(税別)です。050Plusの場合、携帯電話への通話は1分16円(税別)で分課金になっています。携帯電話への短めな通話の場合、30秒単位で課金されるFUSION IP-Phone SMARTのほうが安くなります。

あまり使わない問い合わせ用の電話番号がほしい人 → 050番号(FUSION IP-Phone SMART)

050番号のもう一つの使われ方が、ビジネス用の問い合わせ番号です。ビジネスでとりあえず問い合わせ用の電話番号をWeb上に公開する必要がある人などは、050番号が安くていいです。

大手キャリアの場合、AUが月1011円で電話番号を確保することができます。参考:iPhoneを通話のみで月1011円で運用する方法のまとめ

さすがに大手キャリアなので通話の質は最高です。ですが、形だけ電話番号を公開するような場合、例えば特定商取引法に基づく表記に載せる電話番号など、最高の通話の質は必要なのかと言うと、必要ありません。無駄です。

例えばネットショップなどで問い合わせ先にメールアドレスや問い合わせフォームを載せておいたとします。電話番号も書いておくけど、“留守番電話になっております。折り返しご連絡します”みたいなことを書いておけば、ほとんどの人がメールや問い合わせフォームから連絡をしてきます。

050番号は通話の質が悪いですが使う出番がほとんどない場合、月額料金が無料のFUSION IP-Phone SMARTがお勧めです。

格安通話の通話の質や使い勝手について

とりあえず自分で試してみるのがいいと思います。

FUSION IP-Phone SMARTは通話の質があまり良くない、という評判が複数のサイトにありましたが、実際に試してみると電波が良い場所なら使える、みたいな通話の質でした。

気のせいかもしれませんが、050番号を使うと自分の声が相手に届くのに0.5秒くらい遅れます。相手が人の話を聞かない感じで、どんどんしゃべるような人の場合、通話しにくいかもしれません。相手が携帯電話番号だったり固定電話の番号の場合、相手の声はすぐに届きます。お互い050番号を使っている場合、お互いの声が0.5秒くらい遅れます。

どちらか一方が電波の悪い場所にいる場合は通話の質はかなり悪くなります。
両方ともWifi経由で通話している場合は通話の質はよくなります。

050番号は興奮して話す感じの長話には向いていません。
のんびり話したり、要件だけを伝える電話の場合は、050番号でも十分その役割を果たします。

ちなみに私が試して実際使っているのが、
楽天でんわとFUSION IP-Phone SMARTです。

FUSION IP-Phone SMARTで満足してしまったので、050Plusは試していません。

楽天電話はLineを使っていない人用の急な用件や待ち合わせの電話に使って、FUSION IP-Phone SMARTはネット上で公開する問い合わせ番号にしています。


ネットの評判だと、050番号はあまり使えそうな感じはしませんが、実際に試してみると十分役に立ちます。ということで、実際に試してみましょう! 試してみてもかかるお金は無料か、かかっても数十円くらいです.

ちゃんと着信・発信できるかどうか、電池の持ちはどうかなど、実際に試してみるのが確実です。ちなみに楽天でんわもFUSION IP-Phone SMARTも、着信・発信、相手側への自分の電話番号通知、電池の持ちなど問題ありませんでした。(楽天でんわは相手へ発信+相手側への番号通知だけで、自分側の着信は関係ありません。楽天でんわは相手へかけるだけなので。)

楽天でんわ


FUSION IP-Phone SMART

050Plus


電池の持ちについて

Nexus4に楽天でんわとFUSION IP-Phone SMARTを入れていますが、電池の持ちはほとんど変わりません。電池の持ちが悪いと困っている人は、完全版!Androidスマートフォンの電池の節約と寿命を伸ばす方法を試してみましょう。格安通話アプリが原因で電池がすぐになくなるということはなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。