ビックカメラSuicaカードの正しい使い方

ビックカメラSuicaカード、ポイント還元率はそれほど良くはないけど悪くもない、還元率1%から1.5%。ビックカメラSuicaカードの最大の特徴は、財布に入れるカードの枚数を減らすこととポイント交換の容易さにあります。

ビックカメラSuicaカードの3つのカード機能
クレジットカード(還元率1.0%から1.5%)、Suicaカード(+オートチャージ)、ビックカメラポイントカード

毎月のクレジットカードでの支払い額が2万円から5万円以下なら、クレジットカードはビックカメラSuicaカードで決まりです。


毎月の支払額が5万円を超える場合は高還元率の漢方スタイルクラブカードを主に使うのが良いです。月に2万円も使わない場合、楽天カードを使っておくのが一番幸せです。

毎月の支払額に適したクレジットカード

なぜ毎月の支払額で利用するクレジットカードを変えるかというと、クレジットカードによってポイントの有効期限と年間費が異なるからです。

毎月2万円もクレジットカードで支払いをしない場合、ポイント交換できるポイントまでたまらずにポイントの有効期限が切れる可能性が高くなります。そのため1年に1回使えばポイントの有効期限が切れない楽天カードを使うのがお勧めです。

毎月2万円から5万円以下ならポイント交換できるポイントまで貯まるのでビックカメラSuicaカードを使うのがお勧めです。漢方スタイルクラブカードは高還元ですが年間費があるので月5万円以下なら使わない方がいいです。

毎月5万円を超えるようなら漢方スタイルクラブカードを主に使うべきです。1.75%という高還元です。年間費が1620円かかりますが、毎月5万円超える場合、高還元が年間費分のマイナスを上回ります。


私の月のクレジットカードの支払は4万円くらいなのでビックカメラSuicaカードだけ使っています。ということで、ここではビックカメラSuicaカードの使い方の重要な部分だけ説明します。

1年に1回ビューサンクスポイントをVIEW ALTTEでSuicaにする

ビックカメラSuicaカードには2種類のポイントがあります。
1つはビックカメラで使えるビックポイント、もうひとつはビューサンクスポイントです。

このうちビックポイントの有効期限は最後にポイントが加算されてから2年間なのでまず切れません。ビューサンクスポイントが切れます。

例えば2014年の4月から2015年3月までのビューサンクスポイントは2016年3月末で失効します。私はアホなことに、ビックカメラSuicaカードを作って最初の2年分のビューサンクスポイント(4000円くらい)を失効させてしまいました。

なんとなくポイントを交換するのは面倒だと思っていたらポイントがなくなっていました・・。


重い腰を上げて調べた結果、
一番簡単で割がいいのが、1年に1回ビューサンクスポイントをVIEW ALTTEでSuicaにすることでした。

JRの駅の中にVIEW ALTTEというATMみたいな機械があります。改札の近くにあったり、小部屋のような感じの中にあったりします。

こんな機械


そこにビックカメラSuicaカードを入れてタッチパネルにしたがって操作するとビューサンクスポイントをSuicaに変えることができます。ビックカメラSuicaカードを申し込んだときに記入した4桁の暗証番号が必要です。そんな番号忘れたと言う人、VIEW’s NET ログインから暗証番号の変更をすることができます。サービスIDもパスワードも忘れたと言う人、サービスID通知/パスワード再登録から始めましょう。ちなみに私はサービスID通知/パスワード再登録から始めました・・。

毎月4万円くらい使っていると年間で2500円分くらいSuicaにすることができます。

ちなみに私はビューサンクスポイントが1100ポイントたまっていたので800ポイントを2000円分のSuicaにすることができました。

ビックポイントはビックカメラで使う

ビックポイントをSuicaにすることができますが、交換率が悪いのでビックポイントはビックカメラで使うべきです。

1500ビックポイント → ビックカメラで商品代金から1500円割引
1500ビックポイント → 1000円分のSuica

ビックポイントを使うとその分のポイントはもらえません。
例えばビックカメラで1500円の商品を買うとき、クレジットカードで払うと10%のポイント、150ポイントがもらえます。クレジットカードの代わりに1500ポイントで支払うとポイントは付きません。つまるところビックカメラで1500ポイントの実際価値は1350円です。たいしてSuicaにしてしまうと、1500ポイントは1000円分の価値にしかなりません。ビックポイントはSuicaにするよりもビックカメラで使ったほうが価値が高いことになります。

普段ビックカメラを使わない人でもビックポイントの有効期限は最後にポイントが加算されてから2年間になります。有効期限はまず切れません。数年に1度くらい何か買うものが出てくるので、そのときに全ポイントを使ってしまうのがビックポイントの一番良い使い方です。ちなみに私の場合、いつの間にか6000ビックポイントたまっていて、BIC SIMを買うのに3300ポイント使いました。

Web明細は使わない!

郵送を止めてWeb明細にすることで毎月20ポイント(50円分)もらえます。

が、Web明細はやめておいた方が良いです。数年前別のクレジットカードでWeb明細にしていたことがあるのですが、そのとき確認を怠ってniftyからダイアルアップ回線料金を3ヶ月分取られてしまいました。もともとは光回線を契約していてそれを解約したら、なぜかダイアルアップ回線に強制加入される仕様になっていて、気づいたときには3000円くらい持って行かれていました。今でも私は根に持ってます、ニフティさん。文句を言っても1か月分しか取り消せなかった。。

そんなこともあって、私はWeb明細じゃなくて毎月紙の明細書をもらって変な請求がないか眺めています。

ビックカメラSuicaカードの場合、毎月17日頃にWeb明細の更新のお知らせメールを送ってくれるらしいですが、私は私を信じません! そのうち確認を怠って変な料金を取られてしまうんです。紙の明細書なら、とりあえず封筒を切って明細書を眺めるという習慣が付いているので安心なのです。自分を信じられる人はWeb明細でもいいと思いますが、私は永遠に紙の明細書です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。