うずらの孵化に挑戦 Part4 姫うずら専用のWebサイト&ライブ映像配信サイト

遅ればせながら報告ですが、姫うずらの二匹目が孵化しました!
そして姫うずら専用のWebサイト&ライブ映像配信サイトを作成しました。

姫うずら専用のWebサイト&ライブ映像配信サイト

姫うずら

IE以外で見ると姫うずらのライブ映像を見ることができます。(ただし夜の10時以降だと電気を消しているので真っ暗になっていると思います)

何のひねりもありませんが、himeuzura.netというドメインでサイトを製作しました。ものづくりエクスペリメントは製作系のサイトなので、姫うずらの育成系の話は全てhimeuzura.netのサイトに記載します。

himeuzura.netの構成

himeuzura.netで使っているWebサーバーはRaspberry Pi 2 model B(Pi2)です。

VirtualHostを使っているため、金魚サイトと姫うずらサイトの2つのサイトを1つのRaspberry Pi 2で動かしています。

姫うずらのライブ映像の配信にはお古のRaspberry Pi Model B+(Pi1)とLogcool c200を使っています。

1つのPi2で複数のサイトを稼動させることができます。金魚のライブ映像の配信に同じPi2を使い、姫うずらのライブ映像の配信には余っているPi1を使っています。

Raspberry PiのLANは100Mbpsまでなので、LANの速度制限的に同時接続できる人数は1つのサイトにつきがんばっても100人までになっています。Pi2のメモリー的には同時接続できる人数は50人くらい。結果、同時に50人までなら見れる、そんなWebサイト&ライブ映像配信サイトになっています。

1つのPi2で1つのサイトと1つのライブ映像を配信できれば、少し応用的なことをするだけで1つのPi2で複数のサイトと複数のライブ映像を配信することができます。

興味のある人は、Rasberry Pi 2 Model B対応 : Raspberry Piで最初に買うものから読んでいくとできるようになると思います。

写真をいくつか

うーちゃんとずーちゃん



うーちゃん(黒っぽい)、孵化してから3日経過
ずーちゃん(白っぽい)、孵化してから2日経過

保育箱



自作の保育箱です。普通の長細い箱の上部に大きな穴を開けて、その上に透明な下敷きをフタ代わりに置いています。保育箱の下に家にあったホットカーペットを敷いています。

ミニマット(幅40長さ80)ホットカーペット
山善(YAMAZEN) ミニマット(幅40長さ80)ホットカーペット YMM-K802

箱の中の温度が30度以上36度以下くらいになっていれば何でも良いと思います。

赤い表示は箱の中の温度を示しています。うずらの孵化に挑戦 Part2で買ったデジタル温度計のついたサーモスタットです。

Raspberry Pi modle B+



単なるWebカメラをネットワークカメラにするためにRaspberry Piを使っています。近くにLANコネクタがなかったので無線LANアダプタを使っています。

Webカメラ



余っていたWebカメラ、Logcool c200(30万画素)を使ってライブ映像を配信しています。手持ちにWebカメラがない場合は、Logcool c270(200万画素)を買いましょう。1000円くらいで買えるし、c270のほうが画質がいいと思います。

うずらの孵化に挑戦 Part4 姫うずら専用のWebサイト&ライブ映像配信サイト” への1件のコメント
  1. みこす より:

    はじめまして いつもブログの方参考にさせて頂いています
    うずら可愛いですね!

    mjpg-streamerはjavascriptの方使うとIEでも動画配信できるようですよ

    • kyosuke より:

      なんだってーー!! (ドラえもん風

      さっそくjavascriptに代えてみました!
      IEでも見れるようになりました。情報ありがとうございます。

    • せいたん より:

      いつも色々参考になるコメントを書いてくださってありがとうございます。

  2. せいたん より:

    スーパーのウズラの話はないんですか?

  3. せいたん より:

    スーパーのウズラの育て方をおしえてください

  4. せいたん より:

    ウズラって割れたら温めても生まれないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。