AndroidをWindowsにインストールして実行する

Windowsでプログラミングするのキライキライな私ですが、
古いMacbook whiteにAndroidをインストールして動かしたところ遅すぎる・・・。

ということで、Windowsパソコン(推定パワーはMacbook whiteの2倍)ならどうなるのだろうと思いWindowsにもAndroidをインストールして実行してみます。





必要なもの

Android SDK


本当はJavaも必要だけど、
Windowsならたぶん入っているよねっていうことで無視しちゃいます。


ということで、Android SDKをWindowsにインストールです。


Android SDKをインストール


Get the Android SDK

“Download the SDK, ADT bundle for Windows”をダウンロード。。
399MB

ダウンロード完了、そして解凍完了、そしてデスクトップに置いちゃう。
ぎゃー、コピーするのにえらく時間がかかるから却下!

Zipファイルをデスクトップに移して、解凍。
どの道、時間がかかる模様。。

気長にまとう・・・。


デスクトップに解凍完了!

adt-bundle-windows-x86_64とうフォルダの中にあるeclipseフォルダをクリックして、

eclipse.exeをクリック!


A Java Runtime Environment (JRE) or …がないって言ってエラーになった!


コマンドプロンプトでjava -versionそしてjavac -versionって打った結果、
Javaがインストールされてなかった。。。


Javaをインストール



あなたと JAVA, 今すぐダウンロード

上記のサイトからとりあえずJavaっぽいものをダウンロードしてインストール。。


インストール完了。

これで、Eclipse動くのかな??
うん、動かない。


とりあえずパソコンを再起動してみる!
再起動しても、ダメだった。。


Pathを通してみる

コンピュータ(Cドライブとかの親玉)を右クリック
左側にシステムの詳細設定があるのでそれをクリック
出てきたウインドウに環境変数があるのでそれをクリック

システム環境変数のなかにPathがあるのでそれをダブルクリック

その変数値にjavaの場所を入れてあげる

僕の場合ここにあった
C:\Program Files (x86)\Java\jre7\bin;

;が区切りになっているから、追加する前方に;がなかれば;を入れてあげる。


で、もういちどEclipseをクリック!


なにやらエラーメッセージが変わった

Failed to load the JNI shared library “C:\Program Files (x86)\Java\jre7\bin\clinet\jvm.dlll”.


なんですかこれ?グーぐる先生ー


Failed to Load the JNI shared Library (JDK)
You need a 64 trio:
64-bit OS
64-bit Java
64-bit Eclipse
Regards



どうもJavaが32bitっぽい。

くそJavaめ!


追加したPathをいったん削除して、Javaもアンインストール。


64bitのJavaを下記からダウンロードしてインストールだよ。
Java Downloads for All Operating Systems

念のため再起動してからインストールする。


何かインストール先が微妙に変わった
C:\Program Files\Java\jre7\bin

とりあえずこれをPathに追加っと。

で、Eclipse.exeをクリック!


お!

動きやしたぜ。


Macでやったのと同様にNexus7のエミュレートを動かし見る。。

わりと時間がかかる模様。。


とりあえず動きました。。
でも遅いです。

ということは、これが普通なのかなーと思うようになりましたとさ。



今回のTips

WindowsでAndroidを動かすときはJavaのビットバージョンとPathが鬼門!
困ったときは、上を試してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。