初めてのUnityの2Dゲーム作成の結果、厳しい厳しい

初めてのUnityの2Dゲームを作成した結果、、、

厳しいです。
厳しいです。

現実を確かめるために2回言ってみました。

Google Play: 超算数:脳トレで計算力&暗算力アップ
iTuens: 超算数:脳トレで計算力&暗算力アップ

理想、このアプリで1日300円くらい広告収入があるといいなー。


結果、1日50円くらい。

更に絶望的なAndroid版のダウンロード数

Android版のリリースから3週間経ちました。

現在のインストール数 7 (このうち2つが自分)
総インストール数 4 (このうち2つが自分)

・・・。

絶望が最底な状態ではありませんでした。
ここまでくると何も感じません。無の境地です。

前作の初のUnity3Dゲームである碁ハジキは、リリースから2ヶ月くらい経ちましたが、現在のインストール数が25で総インストール数が137になりました。

Android版は考えても仕方ないので、考えるのをやめました。

2作目のiOS版は微妙な結果

iOS版をリリースしてから2週間が経過した時点でのダウンロード数は572でした。碁ハジキは2ヶ月経過でダウンロード数は603なので、超算数は碁ハジキよりはダウンロードされているようです。。

所詮どんぐりの背比べ・・・

広告収入についての考察

碁ハジキ 740ダウンロード 2742円 (リリースから2ヶ月経過)
超算数 579ダウンロード 653円 (リリースから2週間経過)

碁ハジキは1ダウンロードにつき4円の収入になりましたが、超算数は1ダウンロードにつき1円ぐらいしか収入になりませんでした。収入方式は同じにもかかわらず、だいぶ変わってしまいました。

碁ハジキはゲームよりのアプリでしたが、超算数は教育よりのアプリでした。広告の表示回数的にも碁ハジキのほうが多いので、碁ハジキのほうが受けがよかったようです。教育系のゲームは、あまり手を出さないほうがよさそうです。

まともなアイデアがないので勉強中

1ヶ月に1つゲームアプリを作ることにしていましたが、現在めぼしいアイデアがありません。

音ゲーか育成アプリでも作ろうかと思いながら、時間がかかりそうだし、微妙だしと、もう少しまともな案はないものかと、うだうだ考えています。

とりあえず、ゲームアプリの案を考えながら初めてのUnity勉強本をコツコツ読んでいます。今232ページ目(全部で654ページ)

今月はアプリを作るのは諦めて、Unity勉強本を完読して、一通りコードを打ち込んで試してみて、あとUnityの新しいチュートリアル、2D ROGUELIKEをやるのをノルマにしようかなと思います。

アイデアー、アイデアー。

初めてのUnityの2Dゲーム作成の結果、厳しい厳しい” への1件のコメント
  1. 匿名 より:

    いまやマーケットには星の数ほど(150万アプリ)ほどあるので
    リリースだけではしんどいですよね
    ブログやプレスリリースなどプロモ活動しなきゃあかんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。